過剰な住宅ローン繰り上げ返済のデメリットとは?

住宅ローン繰り上げ返済をすればするほどに将来的には楽になるということが言えるのですが、そればかりにとらわれすぎてしまい、日々の生活が苦しくなってしまった...というのでは意味がありません。
基本的に住宅ローン繰り上げ返済をおこないますと、ちょっとお金が足りなくなったから繰り上げ返済をした分を戻して欲しいと思っても、そういうわけにはいきません。
そのため、毎月の生活のことを考えながら住宅ローン繰り上げ返済をしていく必要があるのです。
たとえばご自身や家族が病気になったり、大きな怪我をしてしまい医療費が必要になってしまったとき、本来ならば余裕のあった分を住宅ローン繰り上げ返済にまわしていたために、キャッシングしなくてはならない状況になってしまうのならば、繰り上げ返済をしない方が安心して生活が送れるはずです。
年収400万円住宅ローンシミュレーション!年収別計算【適正比率は?】