アミノ酸シャンプーと石鹸シャンプーの違いは?

前回で、アミノ酸シャンプーのメリットについてや、石鹸シャンプーについてお話したりしてきました。
これらを読むことで、アミノ酸シャンプーと石鹸シャンプーの違いというのが、なんとなくお分かりいただけたのではないかと思いますが、どうでしょう。
そこで表面上の違いだけでなく、今回はもっと根本的な部分まで掘り下げています。
そして、その違いを説明してみたいと思います。
まず、界面活性剤についです。
前回も説明したように、石鹸もまた界面活性剤と言うことになります。
さて、ここからが重要ですが、アミノ酸シャンプーは、「合成の界面活性剤を使用している場合」と「天然由来の界面活性剤を使用している場合」の両方があります。
まず石鹸シャンプーの方ですが、天然の石鹸である界面活性剤を使用しています。
洗浄剤、化粧品などにこだわりを持つ人と言うのは、普通、合成された成分を嫌うようですね。
そんな傾向にあります。
また、石油の成分を使用しているという事に抵抗があるからでしょう。
ですから、そのような人が、石鹸シャンプーを使用することが多いのです。
ところが、実際問題として、石鹸シャンプーより、アミノ酸シャンプーの方が、頭皮、髪の毛に優しいという結果が出ています。
このような結果から見ると、一般的に考えられているように、合成のものは悪いと思いますし、天然のものは良いものだという考えた時、はたして本当なのかどうかと言うことですよね。
(汗)(笑顔)