洗顔石鹸アルガンオイルのってなにがいいの?

最近、アルガンオイルを使用した化粧品を目することがよくあります。
とても希少価値が高いオイルだといわれていますが、いったいどのようなオイルなのでしょうか?アルガンオイルとは、モロッコ南西部の一部地域に生息するアルガンという木の実から搾油されたオイルのことです。
そのため、アルガンの実そのものの採取量は限られています。
アルガンオイルは、オリーブオイルのように木の実そのものを搾ってつくりだされるわけではありません。
まず、アルガンの実の中から種を取りだし、その種の中にある仁と呼ばれる小さな白い核を搾ることでできあがるのです。
アルガンの実はとても硬く、石を使ってひとつひとつ手作業で種を取り出しています。
そのため、生産量にもおのずと限界があり、希少価値の高いオイルとなっているのです。
食用オイルとして用いられることも多く、悪玉コレステロールの抑制や整腸作用にも効果があるといわれています。
もちろん美容効果も高く、お肌を生き生きとさせハリや弾力を与える効果があるといわれています。
老化防止や美肌に効果があるとされる天然のビタミンEが豊富に含まれており、その量は、オリーブオイルの2倍とも3倍ともいわれています。
他にも、酵素の抑制効果があるといわれる植物ステロールや、お肌の保護効果の高いスクワレン、不飽和脂肪酸であるオレイン酸やリノール酸などが含まれています。
また、アルガンオイルならではの成分として、いま注目のトリテルペンという美容成分を豊富に含んでいます。
トレテルペンは角質細胞の増加を促したり、お肌の保護・再生効果があるといわれています。
また、お顔だけではなく、手や足など全身のマッサージ、頭皮マッサージによる育毛効果も期待できます。
入浴剤として使われることも多いアルガンオイルは、これひとつでいく通りもの使い方ができる万能オイルだといわれています。
http://www.sengan-soap-osusume.com/